■■最強にどんより重たい自分を道具に、最っっ高にスッキリわくわくな生き方をしよう❤■■

今の時代に必要なものとはなにか。それは能力でも知識でもない。真の信頼出来る関係性を築いていける人間関係力である。

ムカつくあの人のこと、どうしたらいいの?

「あの人さえいなければ・・・」
「あの人がこう言うから私がムカついている!」
誰しも苦手な人、キライな人はいるかと思います。
それは悪いことではありません。
なぜならこの地球上に一人たりとも
あなたと同じ判断基準を
持っている人はいないから
摩擦、衝突することは当たり前だからです。



「えー!判断基準、同じ人いるよぉ。
 だって彼とケンカしないもん!」
「双子はだいたい一緒だよ~」
と思われる方もいますが、
全く同じ人はいないのです。



同じように見えても、実は一人一人の
経験、体験、知識、感じ方、
モノに対するイメージも全然違います。



詳しくは【人間とは何か】の
判断基準の5つの特徴を
知るとわかりますが
コミュニケーションは99.999%
ずれるものなのです。



この数字はびっくりですよね!
本当に相手と一致して動くには
無意識を論理にできる道具と
緻密なコミュニケーションが必要です。



なので、「この人と意見が合うかも!」
と思って恋人になったり結婚しても
あとあと意見が違うことがあれば
苛立ってきます。
それは、相手に対して無意識で
「同じはずだ」と思い、期待しているからです。
ですが、同じ人はそもそもいないのです。



分かってはいるけど、
それでも人間はムカついてしまうもの。
「職場のあの人が・・・」
「彼(彼女)が・・・」
「友達が・・・」



と、悩みは尽きません。
これには大きな落とし穴があります。
さて、それはなんでしょうか。



実は、ムカつく相手、苦手な相手を
存在させてる限りずっとそれはなくならない
ということです。



どういうことかと言うと、
「ムカつく相手がいるから私がムカついている」
と今まで思ってきましたよね。
それが今までの人類歴史の
大きな間違いだったのです。
存在があるから認識しているのではなく、
【認識するから存在している】のです。



簡単に言うと、皆さんそれぞれ小さい頃に
〈こういう人はムカつく人だ〉と
初期設定で脳に
プログラミングされていきます。



あなたが悪いということは一つもなく
仕組みがそうなっているから起こるのです。
人は6~12歳の間に90%もの判断基準が作られます。
その時に、どんな情報をインプットしたかで
現実世界の画面が変わるのです。



あなたのプログラミングが何なのか、
それが分かれば
今までの気を揉む人間関係、トラブル、モヤモヤも
一掃されていきます。



それが見えるようになれば
無駄なところにエネルギーを使わずに
愛を注ぎたいところ、
注力したいところにエネルギーを注げる
あなたになりますよ♪



最後まで読んでくださり
ありがとうございました。



北川愛子




ご感想、ご質問はこちらから
メールフォーム