■■最強にどんより重たい自分を道具に、最っっ高にスッキリわくわくな生き方をしよう❤■■

今の時代に必要なものとはなにか。それは能力でも知識でもない。真の信頼出来る関係性を築いていける人間関係力である。

インダストリー4.0の次は日本から始まる!!!

西洋から始まった
インダストリー1.0から4.0。




それまで人間は
田畑を耕すのに牛、馬や
クワ、カマを使って農作業をしていました。




しかしそんな人類に、大きな大きな
科学の発明があったのです。
鉄の「固さ」を使う時代から、
鉄の「動き」を使う時代へ。




東洋が鉄の堅さを使っていたところから
西洋は鉄の動きを使って
エンジンを作り
時代を大きく切り開いていったのです。




東洋は西洋の進化発展に
ついていくのがやっと。
いつも追いかけてばかりになりました。




アメリカは私たちよりもすごい。
そんなことを無意識で思っていませんか?




そんな時代に、インダストリー5.0を
日本が作っちゃったら
かなり革新的ですよね🌠✨




ドンっっと世界の中心になり
アジアもやれるんだ!!!って
西洋と東洋の格差を超えられる。




その鍵が実は日本にはあるのです♪




簡単にインダストリー1.0から
どのような変化があったのか見ていきましょう!




インダストリー1.0
蒸気機関による産業革命

インダストリー2.0
電気機械の発明

インダストリー3.0
インターネットIT革命

インダストリー4.0
ディープラーニングを中心にしたAl技術




これをみるだけでも、
すごい発明と発見ばかりですよね!!




本当に、このAlまでをも超えて
次のインダストリーを日本は作れるの?




はい、作れます!




その鍵は、
「Alにはできない、人間にしかできない仕事」
が分かることです♪




AIはいずれ人間と同じように
感情を持ち、人を気遣うようになります。
人間にしかできないと思っていたことが
ディープラーニングを通して
AIにもできるようになるのです。




AIだけでなく、人間にもディープラーニング
必要な時代なのです。




人間にディープラーニングってなんのこと??
と思われるかたも多いと思います。




人間は意思決定してるようにみえますが、
実は、Aが来たらB、Bが来たらC
という風に条件反射で
いつも動いているのです。




そこを超えない限りAIに仕事を奪われていきます。




人間にもディープラーニングをして
今までの人間の限界を超えたら
すごい大反転が起こるのです。




その突破口を開くのが日本です♪




そこを反転させていきたい!!


 


今日も読んでくださり
ありがとうございました。




北川愛子